乳液

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

更新日:2017/05/27

お肌のくすみの理由として、砂糖など糖分摂取

お肌のくすみの理由として、砂糖など糖分摂取の過剰が挙げられます。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうといくら化粧品でケアをしても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。

コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが十分でなくなっています。コラーゲンが糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。私たちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。毛細血管は、表皮、真皮といった組織内のあらゆる細胞に栄養と酸素を送り届けるための輸送路であり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。

大事な毛細血管なのですが、喫煙によって収縮を起こしてしまいます。道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。酸素や栄養が隅々まで運ばれないので、表皮の機能は低下し、皮膚のバリアとしての力は弱ります。

真皮もそれと共に機能を弱めてしまうのです。結果として肌の弾力や張りは少しずつ消えてしまい、しわやたるみが増えてしまうのです。

こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。

ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性の強い性質を持った「多糖類」と言われるゲル状の物質です。

とても保湿力が高いため、化粧品や栄養補助食品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が入れられています。年齢に従って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。美しい肌作りに欠かせないのが「ポリフェノール」なのは有名ですね。その一番のメリットは、抗酸化作用になります。

お肌を老化させてしまう活性酸素の働きを抑え込み、お肌にシミができるのを防いだり、悩んでいたシミにも消していってくれます。

効果としては文句なしのポリフェノール。それ自体は素晴らしいのですが、欠点をあげるなら、その効果が発揮することができるのは3時間から4時間と短いことです。

そのため、こまめに摂取することもシミ対策になりますね。飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌効果も期待できます。また、酒粕はパックとして使え、くすみを消すのに良いそうです。

酒粕をちぎって細かくし、容器に入れて水を少しずつ加えながら柔らかくし、ゆるめのペーストを作ります。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、全体がなめらかになればパックとして使えます。

もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。しわ取りテープというユニークな商品があります。この貼るだけでしわを薄くしてくれるらしいしわ取りテープは、テレビでコスメやその関連に詳しいという芸能人により紹介されました。

紹介者も愛用しているということです。

顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。貼りつけている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、だからといって長い時間貼り続けているのは、肌に良いわけはなく、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!なんてことになったら大変です。正しい方法で使用しましょう。

手軽で効果も高いシワ対策といえばパックかもしれません。一日の終わりのパックの時間は安らぎの時間ですね。

安価で、簡単に作れる手作りパックもあります。

作り方は簡単です。市販のプレーンヨーグルトに固さを調節するための小麦粉を混ぜこみ肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。

ヨーグルトパックの冷たさが毛穴を引き締めてシワ予防にも効果が期待できそうです。スキンケアは念入りに行う方なのですが、その最中にふとした思いつきがありました。

個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわってあまりできないのかもしれない、ということです。ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、ちょっと前から炭酸パックを試していて、肌の感じが柔らかくなってきた頃にはしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。お肌のお手入れでもっとも大事なことが洗顔です。

きちんとメイクを落とすことで肌の状態を清潔に保たないと肌が荒れる原因になってしまいます。でも、ごしごしと洗っていると、肌を正常に保つに必要な皮脂を落としてしまって、カサつきの肌になってしまいます。

また、適切な洗い方とはなんとなくで行うものではなく、クレンジングの正しいやり方を意識するようにしてください。

パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

保湿、美白成分を十分にしみこませたマスクでフェイスパックしたら、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、肌に透明感を出してくれます。うっかり日に焼けてしまった時には特に効き目があり、日が変わらないうちに、しっかりケアすることで、できてしまう前にシミを食い止められます。

今、スキンケアにココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?化粧水を付ける前や後のお肌に塗る、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。メイク落としやフェイスマッサージオイルとしても使えちゃいます。

もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアにつながっちゃう優れもの。

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはこだわって選びたいですね。

雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットをしてみたところ、3キロも減量することができたのです。只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、どうやらしわが増えているようなのです。

このことと、ダイエットがなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、タイミングを考えると何かありそうにも思えますので、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。

顏にいつの間にか増えてしまったシワについては消してしまいたい、と思ってしまいます。シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、かなり大きいことがわかっています。紫外線をカットしてシワをできるだけ防ぐために、ちゃんと日焼け止めを塗り、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。そして、それでも日焼けをしてしまったのなら日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水を吸収させたら、美容液でしっかり保湿して、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるわけです。シワがどうしてできるのかというと、原因としてはまず、乾燥の影響が大きいようです。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは特に気を付けましょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、ひんぱんに保湿をすることが大切です。スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。

それから、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにしましょう。

スキンケア、正しい順番で使っていますか?きちんとした使い方をしないと、効果が得られないかもしれません。

洗顔をしてから、真っ先につけなくてはいけないのは化粧水で肌に水分を与えましょう。

もし、美容液を使うときは一般的には化粧水より後になります。続いて、乳液、クリームと続きますが、これでお肌の補水をしっかりとしてから油分の多いものを最後に持ってきて、肌にフタをするのです。

かさつく肌の場合、お肌のお手入れがとても大切になります。

誤った肌のお手入れは症状を悪化させるので、正しい方法をわかっておきましょう。

初めに、洗いすぎは禁物です。皮膚のてかりが気になるからといって同じ日に何度も何度も顔を洗ってしまうと肌が水分を失ってしまいます。

逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝晩の2階で十分です。年齢は肌に出ます。

顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。

わかりやすいのは、目の下でしょう。この部分は細かいシワもでるしクマも居座るしで、年齢あがるにつれ、この部分について悩む人は増えていくそうです。

そして肌のつややかさや張りが加齢と共になくなると、お肌がしぼんでいき、しぼんだ分だけシワとなってしまいます。

顏の部分だけみてみますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目の周り、特に目尻や目の下あたり、それから眉間とほうれい線といったところでしょうか。「きれいな肌のためには、タバコは厳禁!」なんて言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても、同じなのです。

本当に美白したいのなら、タバコはすぐに止めるべきです。

その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンを消費してしまうことです。

喫煙すると、美白に大事なビタミンCが破壊されます。スキンケアで1番大切にしたいのはお肌の汚れをきちんと落としてあげることですよね。

間違った洗顔とは肌トラブルの原因となり潤いを失う原因になってしまう、原因をもたらします。力任せにせず優しく洗う念入りにすすぐ、といったことに、注意して洗う顔を洗いましょう。


ページの先頭へ