乳液

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

更新日:2017/05/27

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、ホルモンバランスの乱れもまたシミに大きく影響しているということをご存じでしょうか。ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMなどで耳にすることが多くなった「肝斑」になります。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが特徴です。

肝斑の発症を促す他の原因として、ピルの服用が挙げられ、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいという特徴があります。

美容成分が多く含まれている化粧水や美容液などを使用することにより保湿、保水力のアップに繋がります。

スキンケアに使用する際は、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸といった成分が含まれた化粧品をおすすめします。血が流れやすくすることも大切ですので、ストレッチやウォーキングなどを取り入れ、血液をさらさらに改善することが必要です。

いつもは肌があまり乾燥しない人でも寒い季節になるとカサつきになってしまうこともあるので、洗顔の後や入浴の後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使用しましょう。

寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、肌の手入れをサボらないようにした方がいいです。きちんと保湿を行うことと血をよくめぐらせることが冬の肌の手入れのポイントです。

石鹸や洗顔フォームに重曹を加えて顔を洗うと、肌の汚れがきれいになり、少しずつシミが気にならなくなってきたとの話題がウェブ上で広まっていますが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。重曹は精製の程度によって、掃除とか洗濯用、食用、薬品用などがあるのです。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。

洗顔後は化粧水などでお肌をお手入れして、しっかりとお肌を潤いで満たすようにします。

シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。レモンの数十倍というビタミンCを贅沢に含み、体の中から退治したいメラニンに効き、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミが出来にくいお肌を取り戻し、くすみのない肌になります。強力な抗酸化作用も持っていて、若い肌を取り戻すのにもいいですね。

湿疹や虫刺されの痕をしつこく掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。

肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりとなっています。

傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。表皮は皮膚のバリアです。

バリアが薄くなるとその下の真皮まで損傷を受ける確率が高まります。

ダメージを受けて真皮の機能が落ちてしまうと、肌を支えていられなくなるので、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。

紫外線あるいは肌のターンオーバーに支障がある場合、肌のくすみとなって現れるとも言われます。

肌本来の調子を取り戻すためのものとしてはアロマオイルがあるようです。特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血行をよくしてくれるゼラニウムは、くすみに最適です。

例えばマッサージに利用するのもありですし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使ってみるのもよいかもしれません。雑誌の記事で読んで以来、機会があったらぜひやってみたかった、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、なんと3キロもの減量ができました。只々、きれいになりたい一心でダイエットに励んだというのに、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、なんだか、顏だけでなくあちらこちらにしわが増えてるように見えます。ファスティングダイエットとしわの増加が関連があるかどうか確信できませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、今はとりあえず、スキンケアをじゅうぶんに行いつつ、情報を集めてみるつもりでいます。

洗顔後の保湿は水分不足の乾いた肌の予防、改善に必要なことです。

これを怠けてしまうとより肌の乾燥を生んでしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを選んでください。

さらに保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、温度の高いお湯を使用しないというのもドライスキンに効果的です。あなたはスキンケア家電が密かに注目を受けていることを知っていますか。

自分のスケジュールに合わせて家の中で、わざわざエステに行った先で受けるフェイシャルコースみたいな肌の美しさに磨きをかけることができるのですから、皆が手に入れたがるのも理解できます。

ですが、人によっては買った後に頻繁に使用せずに、せっかくの商品に埃を被せてしまうこともあるようです。すぐさま手に入れようとするのではなく、どういう使い方があるのか、自分の性格にあっているのかもよくよく考えて、見極めてください。スキンケアには、肌を保湿したり、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。

しかし、体の中からケアしてあげることもより重要なことなのです。暴飲暴食や寝不足、喫煙などが重なると、どんなに高価で優れた化粧品でも、お肌は綺麗になりません。まずは生活習慣を見直すことが、肌を体の内部からケアすることができます。私たちの身体には、全身くまなく血管が走っていて、肌にもむろん、毛細血管が網羅しています。毛細血管は、皮膚を構成する表皮や真皮の細胞に、血液を介して酸素や水分、栄養を届けて、細胞からでる不要の老廃物を排出するためのパイプでもあります。

たばこを吸うと身体に色々な悪影響があるのですが、毛細血管を収縮させるのもその一つです。

そうすると、最末端の微細な毛細血管は狭まって、栄養や酸素が通れなくなります。

表皮に栄養がいかなくなれば、表皮は当然弱くなり、本来持っているバリアとしての役割が果たせなくなり、真皮もその機能を落としてしまいます。

こんな風にして、肌の弾力も張りも、なくなっていってしまいますので、結果としてシワやたるみが増えていきます。こうしてみると、肌のためには喫煙しない方が良さそうです。困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

ターンオーバーの促進で少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、その効果をいっそう実感できるはずです。ただし、過剰なピーリングを行うと、逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意しましょう。

スキンケアといえばオイル!という女性も増加傾向にあります。

スキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルなどを使うことで、保湿力をグンと上げることができると話題です。選ぶオイルの種類によっても様々な効果が表れますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを使ってみるといいでしょう。

質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、フレッシュなものを選びたいものです。スキンケアにはアンチエイジング対策用の化粧品を使えば、老化の象徴であるシワやシミ、たるみなどがゆっくりにすることができます。

しかし、肌の酸化防止化粧品を使用していても、生活習慣が乱れていれば、肌の老化のほうが優ってしまいあまり効果はわからないでしょう。外からだけでなく体の中から肌のお手入れするということもポイントです。メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間が肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。

短いですがとても貴重なこの時間に何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、貴重な時間を無駄にしているのですから、それも肌へのダメージではないでしょうか。洗顔を終えたらすぐさま、タオルで水気をさっととって、肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。

ヒアルロン酸は人体にも含有されているタンパク質との結合性の高い性質のある「多糖類」に含有されるゲルのような性質を持つ成分です。とても保湿力が高いため、コスメや化粧品、栄養補助食品といった商品には、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が入れられています。

年を重ねるに従って減少する成分なので、意識して補うようにしましょう。

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。きちんとした使い方をしないと、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。

顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌を潤しましょう。もし、美容液を使うときは基本である化粧水の次に使いましょう。

その後は乳液、クリームの順番でつけていきましょう。水分を肌に染みこませてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。

仕事と生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡に映った自分の姿を見て大変驚いてしまいました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を突きつけられた気がしました。この衝撃の日以降、私は心に誓いました。どんなに疲れて帰宅してももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。

ちゃんとケアをして、肌を守るためにできることをしよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。


ページの先頭へ