乳液

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

更新日:2017/04/25

お肌にシミができる原因としてまず思い

お肌にシミができる原因としてまず思い浮かぶのは紫外線ではありますが、シミに大きな影響をもたらすもう一つの原因がホルモンバランスの乱れにあることは知っていますか?ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMで話題の「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが今や周知の事実です。

ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいという特徴があります。美容成分たっぷりの化粧水とか美容液とかを使用すると保湿、保水力のアップに繋がります。

スキンケアには、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が含まれた化粧品をおすすめします。

血流を改善していくことも重要ですので、ストレッチや半身浴だけではなく、適度な有酸素運動もやり血の流れを、改善しましょう。

「美しいお肌のためには、タバコは厳禁!」なんてことをよく聞きますが、それは美白に関しても同じです。もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、タバコは即刻、止めるべきなのです。

その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。

喫煙を吸っていると、美白にとって重要なビタミンCが破壊されます。乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役割を果たしています。

また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層の結合を弱くし、角質層を薄くしていく大事な作用があります。

このような働きがお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する効果を持っています。

シミやくすみ減少に有効な食物です。例えば、紫外線の量が同じだとしても、肌に出来るシミは人によって様々です。

それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌が存在しています。

具体的にお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。どう見分ければいいかというと、夏場など、日焼けした時に黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。

白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。

スキンケアを完全に排除して肌力を活かした保湿力を守っていくいう姿勢です。でも、メイクをした後はクレンジングは必須ですし、クレンジング後、ケアをしてあげないと肌の乾燥が進んでしまいます。

気分によっては肌断食もいいですが、必要があれば、肌のお手入れをするようにしてください。シミでお困りの女性にぴったりの飲み物は飲む美容液。

ローズヒップティーです。

レモンの数十倍というビタミンCを含んでいて、内側からのUV対策となり、肌の再生に必要なコラーゲンを生成してシミが出来にくいお肌を取り戻し、透明感ある理想の肌へとなるでしょう。

老化の原因にもなる活性酸素からも体を守ってくれますし、若返りにもいいかもしれません。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、なんとかできるものなら、したいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。できてしまったシワをどうこうするのは難しいですが、防ぐために紫外線をカットできる日焼け止めを利用したり、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。そして、それでも日焼けをしてしまったのならその日の夜にでも、肌を冷やしてこもった熱をとるケアを行い、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。

こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。くすみのない透明感のある明るいお肌に生まれ変わりたいという方は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。

くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。生活習慣の乱れなどで正常に肌のターンオーバーが行われなくなると、毛穴に古い角質でふたをして、せっかくの化粧水がお肌にうまく入っていかないなんて状態になってしまいます。洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、洗顔料は肌のうるおいに欠かせない保湿成分の入ったものでしっかり泡立てて洗うことです。ピーリング石けんというものあるので、週一回程度使用すると効果倍増です。

シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはおそらくパックでしょう。その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための美容と精神の健康に、とても有益な時間です。

ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

市販のプレーンヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をし肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。

ヨーグルトの成分が美白や保湿などの効果をもたらしシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

肌は肝臓の窓だと言えます。たくさんの血管が肝臓には集まっており、血液を通して体内で産生された物質を代謝や分解して、有害な物質を解毒する役割を果たしています。肝臓の働きが阻害されると、老廃物・有害物質が再び全身の血管を流れ、肌に悪影響を及ぼすのです。日頃から肝臓の調子に気を配ることがお肌の健康を維持する重要なポイントです。くすみが目立つ大きな原因として、糖分の摂り過ぎを疑ってください。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうと自分に合った美白化粧品を使っていてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。

コラーゲンと糖は結びつきやすく、その結果コラーゲンの働きが弱まっている可能性があります。

コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンの糖化と呼ぶのです。全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてください。

みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。お肌の内部からきれいになり、シミを作らないために大事な役割を果たしてくれます。みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。

美肌のために食べるのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

出産を終えたばかりの女性の身体というのは妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。肌荒れ、シワの増加といったこともよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産を終えると急激に減ってしまって、更にストレスや睡眠不足で肌の大事なバリアの機能が低下し、乾燥しやすくなってしまいます。

水分不足の肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。

保水できなくなってしまうと肌のトラブルを引き起こす原因になるので、気をつけてください。じゃぁ、保水能力を向上させるには、どのような肌のお手入れを試すと良いのでしょうか?保水能力向上にお勧めのスキンケア方法は、血行を正常にする、肌を美しく保つ機能のある化粧品を使ってみる、上手に洗顔するという3点です。一日に2リットルの水を飲むと健康な身体を作るとされています。

お肌のことを考えても、水を飲むことは大事です。水分不足はお肌の血行不良を招きます。

老廃物が分解・代謝されなくなりシミやくすみを悪化させてしまいます。

さらに、肌の乾燥を引き起こし、顔全体にシワが増えて増加していくのです。

特に女性は水分不足に注意してください。

洗顔の後の化粧水や乳液には、つける順番があります。もしその順番が間違っているなら、なんとスキンケアの効果はほとんど得られません。顔を洗ったら、まずは化粧水をつけます。肌を潤しましょう。スキンケアの際に美容液を使うタイミングは化粧水の後。

その後は乳液、クリームという順番で、お肌の補水をしっかりとしてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。

パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。保湿はもちろん、美白に有効な成分を十分にしみこませたマスクでフェイスパックしたら、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、お肌が透き通ったと感じるようになるでしょう。

思いがけなく日焼けした際にとりわけ効果的で、日が変わらないうちに、適切にケアを行えば、シミの予防に有効です。

ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の、体にも含まれるタンパク質との結合性が高い「多糖類」との名前が付いたゲル状の物質です。

とても水分を保持する能力が高いため、化粧品や栄養補助食品といえば、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が含有されています。

年齢に従って減少する成分なので、可能な限り、摂取するようにしましょう。


ページの先頭へ