乳液

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

更新日:2017/09/26

夏は誰でも肌を守ろうと努力してい

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。皮膚の薄い目の周りなど、鏡で良く見ると細かいシワがちりめん状になりますし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こういう時期ですから、大切な肌のために肌のお手入れは細心の注意を払って行なっているわけですが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他に美容オイルも以前から興味があったので使うことにしました。

オイルもいろいろありますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。この年齢になってくると、なかなか身体の疲れがとれないことを実感しますし、巨大なクマやほうれい線が急に顏の中で存在を主張しはじめる気がするからです。

38歳になるまでは、肌の調子がすごく落ちていても、ケアして眠れば翌日には元気になっていたと思うのですけど、38歳以降肌の調子が元にもどるのに、少々時間が必要になってきて、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、シミに対して効くのがプラセンタです。

シミの元になるメラニンが沈着することをぎゅっと抑える仕事をします。それから、いろいろなパワーを持った成長分子を保有しているので、細胞の入れ替わりが活発になり、古い角質だけでなくシミも一気にはがれやすくしてくれるのです。

潤いの代表コラーゲンの生成をアップする効き目もあって、美肌を手に入れるの最適でしょう。

欲張りな女子にはもってこいでしょう。肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮丘という、皮溝で分けられた盛り上がり部分の連続によって、構成されています。

この模様、キメが美しい肌というのは皮丘大きさの違いがあまりなく整然とよく揃っています。

ところが、皮膚の構造として一番外側に位置する表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。

表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が守るべき真皮も、ほどなく損傷を受けることになるのです。

傷んだ真皮が肌をしっかり支えることができなくなり、こうしてシワが増えていきます。肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるとも言われます。

そんなお肌の不調を取り除くものに女性の間で人気のアロマオイルがあるでしょう。特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血行の促進に作用するゼラニウムは、くすみに最適です。マッサージに活用してみてもよいでしょうし、数滴をスチームの容器にたらしてみて使用してみるのも手です。

スキンケアってほんとに必要なの?と考える方もいるみたいです。スキンケアを完全に排除して肌から湧き上がる保湿力を持続させて行く考えです。でも、メイク後には、メイク落としをしない人はいないですよね。市販のクレンジング剤を使った後、肌に何もせずにいると肌はみるみる乾燥していきます。

肌断食をたまに経験させるのもいいですが、肌とよく相談をして、スキンケアすることをお勧めします。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために食べてほしいものの一つです。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、お肌のためには逆効果になってしまいます。お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べましょう。

毎日のスキンケアの基本的なことは、肌の汚れを落とすことと肌の湿度を一定に保つことです。しっかりと汚れを落としてキレイにしないと肌の異常の原因となります。

また、肌の潤いが失われてしまうことも肌を守っている機能を弱めてしまうので、保湿を必ずするようにしてください。

でも、必要以上に保湿をすることも悪いことになります。

お肌のお手入れのときには、保湿剤を塗ることや、マッサージをするといったことがまず重要視されます。

しかし、体の中からケアしてあげることも実はもっと重要なのです。

食べ過ぎ飲み過ぎや夜更かし、喫煙などが重なると、どんなに高価で優れた化粧品でも、肌の状態を悪化させる一方です。

食事等の生活習慣を改善することで、体の内側からスキンケアを行うことができます。緑が鮮やかな緑茶は、カテキンを多く含んでいます。

カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCの力を十分発揮させる作用があるのです。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCの力は欠かせないので、カテキンとビタミンCの両方を同時に体内にとりこんでいけば、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを抑える効果を望めます。

肌にできてしまったシミが気になっている女性もかなりの数にのぼるでしょう。

シミ改善に効果的な食べ物として、はちみつが挙げられます。

はちみつの含む成分により沈着してしまった色素を薄くする効果が望め皮膚に現れた色素沈着、つまり、シミやそばかすなどを改善してくれます。お肌のシミが悩みの種とおっしゃる方ははちみつをお勧めいたします。

試しに買ってみてはいかがでしょう。

コラーゲンの一番有名な効果は美肌になるという効果です。コラーゲンをとることによって、体内に存在するコラーゲンの代謝促進が進み、肌に、潤いとハリを与えることが出来ます。現実問題、体の中のコラーゲンがなくなることで肌の老化へと繋がるので若い肌を継続するためにも積極的に体内に取り込むことが必要です。

洗顔の後の保湿はドライスキンを予防・改善する上で重視されることです。

ここをサボってしまうとますます肌が乾燥してしまいます。加えてクレンジングやメイク用品についても保湿力のあるものを使用してください。

これ以外についても入浴剤を浴槽に入れたり、温度の高いお湯を使用しないというのもドライスキンに効果があります。肌にシワはどうやってできるのでしょうか。

原因なら、乾燥が一番であることはよく言われているようです。エアコンの風にあたっていたり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に注意をした方が良いでしょう。デリケートな肌を乾燥から守るためには、とにかくまめな保湿を心がけることが大事だとされています。

そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。

小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きすると良いでしょう。

それと、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。

困ったことに、お肌にできでしまったシミは、それだけで見た目を老けさせてしまいます。そもそもシミとは何なのかというと、表皮に現れたメラニン色素がそのまま剥がれ落ちずに蓄積されたものなのです。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、シミを目立たなくしやすいのですが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、効果をより実感できることでしょう。

とはいえ、ピーリングをし過ぎるとお肌の負担となってしまう危険性もあります。適度な飲酒は全身の血行を良くして、美肌効果も期待できます。

日本酒の酒粕はパックとして使えます。美白に良いといわれています。

板状の酒粕を小さくちぎり、容器の中で水を少しずつ加えながら柔らかくし、ペーストになるまでよく混ぜます。

少しずつ小麦粉を混ぜて好みの固さにして、なめらかにして、酒粕パックの完成です。ただ、酒粕の匂いが苦手な方は止めた方がいいでしょう。冬になるにつれ空気は乾燥していき、それによって肌の潤いも奪われます。潤いが肌に足りないと肌荒れやシミ、シワなどを起こしやすくなるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを予防するためにも保湿・保水を念入りなお手入れを心掛けてください。乾燥する時期の肌のお手入れのコツは「乾燥させない」ということが大切です。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がスキンケアの大きなチャンスタイムだということを知っておきましょう。お風呂、あるいやシャワーの後だったり洗顔フォームでしっかりした洗顔を済ませた後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。

この、短く貴重な奇跡の時間に肌に何もしないのは大変惜しいことですし、貴重な時間を無駄にしてしまうのは、肌にとってみればきっと、残念で仕方がないことでしょう。洗顔したら、手早くタオルで水気をとって肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せずスキンケアを全くしないまま、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。シワが発生する原因としては紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌にとって大きな問題なのです。

なので、もしハリのある若くて健康的な肌をなるべく保ちたいと考えるなら、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。


ページの先頭へ