乳液

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

更新日:2017/09/26

近頃、ココナッツオイルをスキンケ

近頃、ココナッツオイルをスキンケアに生かす女の人がぐんぐん増加しています。

具体的な使用法としては、化粧水の前後に塗る他、今使っているスキンケア化粧品に混ぜて使ったりするだけでいいんです。

メイク落としにも利用でき、マッサージオイルとしても活躍するそう。当然、毎日のお食事に加えるだけでもスキンケアにつながっちゃう優れもの。

ただ、毎日使うものですし、質の良さにはしっかりこだわりたいですね。肌にできてしまったシミが気になっている女性も少なからずいるはずです。皮膚に現れたシミに効き目があるとされている食材の一つとしてハチミツがあります。

はちみつの含む成分により染みついてしまった色素を薄くする効き目が期待でき、お肌に沈着した色素、言い換えると、シミ、そばかすなどを目立ちにくくしてくれるでしょう。シミが目立って嫌だなと思ったらはちみつを買ってみるというのも良い方法ですよ。

ヨーグルトは栄養豊かで、乳酸菌やビタミンB、フルーツ酸などを特に多く含んでいます。乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役目を担っています。

そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける働きがあるのです。このような栄養素の摂取がシミやくすみのない健康なお肌にする効果を持っています。

シミやくすみ対策のために、食べたいものの一つです。冬になると寒くなって血行が悪くなります。血行が悪くなってくると肌細胞に満足な栄養を届けることができず、代謝が乱れることになってしまいます。

そして、肌トラブルを起こしてしまうので、血行促進を心がけることが大事です。

実際血液の流れが良くなることで、代謝がよく活動し、綺麗な肌をつくるようになります。

以前、大人気だったガングロが今またブームが起こりそうな気配です。数あるスタイルの一つとしてなじんできたのかもしれませんが、気になってしまうのはお肌のダメージ。

つまり、シミのことになります。

大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロをやめた後はケアしていた人よりも多くのシミが発生してしまうでしょう。

摩擦刺激を肌に与えることは肌のコンディションを保つ上でよろしくないという事実はもちろん知っています。それなのに、ついつい力いっぱいメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、仕上げのクリームをこれもまたぐいぐい塗ってしまったりします。

クレンジングのときには、お化粧汚れとソフトに一体化させるようなイメージで、爪を立てずに指の腹で、優しくオフすればOKです。

何にしても、力を加減することが大切で、クルクル丸を描くように、それができたら完璧なのですが、うっかり力を入れてケアしています。

かゆみがあって、皮膚をしつこく掻き続けたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりとなっています。傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮もダメージが届く可能性が高まります。そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、こうしてシワやたるみは生まれます。肌にシワができるのは、加齢をはじめとして色々な原因があるものの、大きいのは乾燥です。

エアコンの風に当たりっぱなしになったり汗をかき、汗と一緒に肌の保湿成分が失われた時は特に注意をした方が良いでしょう。では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、ひんぱんに保湿をすることが大事だとされています。

スプレータイプの化粧水はその点手軽で便利です。どこでも取り出してシュッとひと吹きできます。それから、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。

洗顔フォームやソープに重曹を混ぜて使ったら、皮脂や汚れが落ちる上に、シミが気にならなくなったとインターネットで話題になっていますが、気を付けないとお肌を傷つけてしまうかもしれません。

精製のレベルによって重曹は、掃除や洗濯用、食品用、薬品用などが存在します。

食品用の重曹であっても洗顔目的では粒子が荒いので、あまり力を入れて洗わないようにしましょう。顔を洗ったらローションなどでお肌を整えるようにして、充分な保湿を心掛けることが大切です。

「お肌のためには、タバコは厳禁!」ということをよく耳にしますが、それは美白に関しても同じです。本当に肌を白くしたいと思うのなら、すぐに禁煙するべきです。その理由として真っ先に挙げられているのが、喫煙がビタミンを消費してしまうことです。タバコを吸ってしまうと、美白にとって不可欠なビタミンがなくなってしまいます。

お肌にはその人の年齢がよく出ていると思っています。

シミやシワが静かに降り積もって年齢を語ります。パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。ここは細かいシワが出ますし、クマも出て、これがなかなか消えません。そんなこんなで年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。

肌を健康的に見せてくれる張りやツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、肌はしぼんでシワとなります。

顔に限定しますが、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

肌のカサつきが気になる場合には、セラミドを補うようにしてください。

セラミドという物質は角質層における細胞間の水分や油分を含有している「細胞間脂質」です。角質は角質細胞が複数層重なっていて、このセラミドが細胞と細胞とを糊がついたように繋いでいます。

表皮の健康を保持する防護壁のような機能もあるため、必要量を下回ると肌荒れしてしまうのです。

顔を洗った後の保湿は乾燥肌を予防・改善する上でなくてはならないことです。

これをおろそかにすることでより肌の乾燥を生んでしまいます。

そのほか、クレンジングやメイク用品についても保湿、保水に優れたものを選ぶ必要があります。

これ以外にも保湿効果のある入浴剤をおふろに入れたり、熱いお湯を使わないというのもドライスキンに効果的です。実際、スキンケア家電が隠れて流行っているんですよ。

我が家で時間を気にすることもなく、フェイシャルコースをエステに行って施術してもらうような肌のお手入れさえも望めるのですから、ブームが巻き起こるのも当たり前ですね。商品を手に入れたのだとしても毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。

即座にお買い求めになるのは少し待って、使用方法が自分に向いているかどうかもあらかじめ確かめることが重要です。

洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、しっかり洗顔を終えた直後の肌は、例えてみれば、水をいくらでも吸い込んでしまう砂漠です。

短いけれど、大切なこの10秒間に何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。化粧水や乳液をつけるタイミングにも順序というものがあり、もしその順番が間違っているなら、効果を実感することができません。

洗顔のあとは急いで化粧水で肌を潤しましょう。

美容液を使用するのは化粧水の後。

それから乳液、クリームと続きます。

お肌の補水をしっかりとしてから油分で水分が蒸発しないようにするのです。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

ひとつ例を挙げるとしたら、この頃になってCMで話題の「肝斑」です。

ホルモンバランスの乱れによるシミの一つがこの肝班で、妊娠中とか出産後の発症率が高いことが今や周知の事実です。

また、肝斑をできやすくするもう一つの原因はピルの服用であり、紫外線が原因のシミよりも治すことが難しいのもこのシミの特徴です。シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはパックかもしれません。一日の終わりにパックをしながらスキンケアの時間を過ごす貴重なリラックスタイムです。実は、自分で簡単に作れるパックもありますのでご紹介します。作り方は簡単です。市販のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌にのせて、しばしパックを楽しみます。冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。ですからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。保湿はもちろん、美白に有効な成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、肌がワントーン明るくなるでしょう。

うかつにも日に焼けてしまった時に特に効き目があり、日が変わらないうちに、適切にケアを行えば、シミが予防できます。


ページの先頭へ