乳液

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

ニキビ、しわ、毛穴など大人の女性の肌トラブルって結構大変!水分補給や保湿ケアなど乾燥対策の基本はは徹底スキンケアから!乳液や美容パックなど肌ケア対策を徹底解説

更新日:2017/07/23

お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

肝臓の役割として、食事や呼吸によって体内でできた物質を代謝・分解することにより人体にとって無害な物質に変えていくのです。

肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、お肌にたまると肌荒れやくすみの原因となります。

肝臓に負担をかけないようにしていくことが、お肌の健康美を高める重要なポイントです。

洗顔石鹸に重曹をプラスしたもので顔を洗えば、皮脂や汚れが落ちる上に、シミが薄くなったと口コミで話題のようですが、注意しないとお肌が傷ついてしまう危険性もあります。

精製度による違いが重曹にはあり、薬品用や食用のものから、掃除用のものまであります。

洗顔に使用する場合、食品用でも粒子は荒いですから、ゴシゴシ洗わないよう気を付けましょう。

顔を洗ったらローションなどでお肌を整えるようにして、たっぷりと潤いを与えてください。

できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。貼りつけて気になるしわを取るこのしわ取りテープなのですが、テレビで少し前にコスメ関連にとても詳しい芸能人によって紹介されました。

紹介者も愛用しているということです。

顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。

貼りつけている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、長時間使用し続けるのは、肌への負担も小さいものではないようで、赤みやかゆみ、酷くなると湿疹などを起こす人がいてもおかしくありません。しわ取りテープを使ったら肌のトラブルが増えてしまった!なんてことにならないために、使い方には注意が必要です。

最近の話です。肌のケアをしていた時にちょっとした発見がありました。

肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかもしれない、ということです。年々深まる目の周りのじわやほうれい線がこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、しばらく前から炭酸パックを始め、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃にはしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

女性が妊娠、出産を経てしばらくの間は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、様々なトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えると急激に減ってしまって、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、なるべく低刺激で肌にやさしい無添加製品を使い何よりも保湿を重視したスキンケアを続けましょう。

ホルモンのバランスは出産後半年ほどで元に戻るとされています。

みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、シミやソバカスのないお肌を作るためには、ぜひ食べてほしいものです。みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、逆にシミの原因になることもあるそうです。

お肌の負担を軽くするために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、もう一つのシミの元凶と言われているのがホルモンバランスの乱れです。

その主な症状の一つであるのが、最近、テレビなどでご存知の方も多い「肝斑」なのです。この肝斑の原因こそがホルモンバランスの乱れであり、妊娠中、それに、出産後の発症が比較的多いということが特徴です。他にも、肝斑はピルの服用によっても発症が促されるということが知られていて、完全に治すのは紫外線によるシミよりも難しいという特徴があります。

肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。そもそもシミとは何なのかに着目すると、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

ターンオーバーを正しく整えるとシミの軽減が期待できるのですが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、さらにその効果が期待できます。

ただ、過度なピーリングは逆に、肌に多大な負担をかけてしまうので、注意しましょう。顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるなら消せるものなら消したいものです。

シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、かなり大きいことがわかっています。

シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、放置しておかず、すぐに肌を冷やしてほてりをとり、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局は肌の酸化防止にもつながります。

肌の調子が戻らない、シワやシミが増えたかも鏡を見てつくづく思ってしまうようになってしまったら、思い切って毎日摂っている食事を変えてみるのもいいでしょう。

食事の内容が変わると、肌の調子もだいぶ違ってくることがわかるでしょう。

シワ、シミをはじめとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。毎日食べる食事の質が、私たちの身体の質を決めるのです。これは、家でしっかりと行える、最強の肌の酸化防止かもしれません。

食事により、身体の根本からアプローチするこの方法は、効果はゆっくりですが、必ずあらわれてくるはずです。

ビタミンCの美白効果をねらって、レモンを輪切りにして顔にのせ、パックとすることが一時期流行っていましたがかえってシミの原因を増やしてしまうので、もう誰も使っていません。レモン果皮のオイルには、肌につけて紫外線に当たると、皮膚にダメージを与える光毒性があります。シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンのビタミンCで期待するなら、食べるか、飲んだ方が良いでしょう。

若い人の肌はバリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですが、だからといってスキンケアを全くしないで、自分はまだ若いし肌も丈夫だし問題ない、なんて思っている人はいないでしょうか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。肌にシワができる原因は紫外線や乾燥による肌へのダメージによるわけですが、そのダメージが日々積み重なっていくことが肌にとって大きな問題なのです。そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。

最も有名なコラーゲンの効果といえば、美肌になるという効果です。

コラーゲンをとることで、体の中に存在するコラーゲンの新陳代謝の働きを促し、肌の潤いやハリに効果があります。体の中のコラーゲンが不足すると肌が老化してしまう原因となるので、若々しい肌を維持させるために意識的に摂取することを心掛けてください。「減量効果が高い」と聞いていたので、以前から興味のあった、ファスティングダイエットをしてみたところ、嬉しいことに、一気に3キロも体重が減りました。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡の前に立って、しげしげと眺めてみたら、なんだか、顏だけでなくあちらこちらにしわが増えてるように見えます。ファスティングダイエットがしわとなにか関わりがあるのかどうかわかりませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、今のところはとりあえず、スキンケアを頑張りたいところです。

乾燥した肌の場合、お肌のお手入れがとても大切になります。間違った肌のお手入れは症状を悪化させるので、正しいやり方を理解しておきましょう。

第一に、洗いすぎることは絶対、禁物です。

皮膚のべたつきが気になるからといって1日に何回も何回も洗顔してしまうと素肌が乾燥してしまいます。反対に皮膚の分泌量が多くなってしまうので、朝1回夜1回で十分です。

毎日使うスキンケア化粧品で重要なのは、お肌に余計な刺激を与えてしまう成分をあまり含まれていないということが一番のポイントです。

刺激の強い成分(保存料など)はかゆくなったり肌が赤くなったりすることがあるので、どういった成分が含まれているのか、しっかり確認することが大切です。また、安いからといって安易に選ばず自分の肌に最適なものを選ぶことが重要です。最近、スキンケア目的でココナッツオイルを使っている女性を中心に急増しているのをご存じですか?化粧水をつける前や後に塗ったり、スキンケア化粧品と混ぜて使うと効果が期待できるようです。メイク落としとしても使えますし、マッサージオイルとして使っている方もいらっしゃいます。もちろん、積極的に食事取り入れていく事でもスキンケアにつながっちゃう優れもの。ただ、毎日使うものですし、質の良さには十分に気を使って選んでくださいね。

メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がコツコツスキンケアを続けている人にとっては特に、大変大事な時間だということを覚えておきましょう。

シャワーを浴びたり、お風呂から出た後、きっちり洗顔を済ませた後の肌というのは、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。

短くて重要なこのラッキータイムに肌に何もしてあげないのは大変もったいなく思いますし、大事な時間に何もしないでいることの積み重ねは、その分肌へのダメージだと考えてもいいくらいです。洗顔を終えたなら、素早くタオルで水気をとりたっぷりの化粧水で肌のケアを行ってください。

紫外線を同じ時間浴びたとします。

しかし、それによって現れてしまうシミは人によって様々です。一言で言えば、性質としてシミになりやすい肌が存在しています。

具体的に申しますと、きめの細かい白い肌を指します。

見分け方についてですが、日焼けによって赤くなってしまうタイプの人です。

美しい肌はそれだけ繊細なものです。


ページの先頭へ